プラス ~1000円

こんにゃくダイエットの方法|腸閉塞にならない安全な食べ方

更新日:

こんにゃくダイエットの方法

こんにゃくダイエットの方法をご紹介します。

こんにゃくは、カロリーの低い食材の代表格のような食品です。おなかいっぱい食べても、痩せる事が出来るダイエッターには強い味方です。

こんにゃくダイエットにかかる費用、効果や口コミをまとめました。

こんにゃくダイエットのやり方

こんにゃくダイエットの方法はとてもシンプルです。いつものメニューにこんにゃくを使ったお料理を加えるだけです。意識してこんにゃくを沢山食べるようにしましょう、それだけでダイエット効果を得る事ができます。

①メニューにこんにゃくを加える

②こんにゃくは1日200g~300g程度に抑える

以上

こんにゃくダイエットにかかる金額

約350~840円(1週間)

1日250gのこんにゃくを1週間食べたとして計算。

板こんにゃくは1枚50円~120円として計算、地域差やスーパーの違い等により金額は前後します。ご了承ください。

こんにゃくダイエット、なぜ痩せる?

なぜこんにゃくダイエットは、痩せるのでしょうか?

こんにゃくを食べると痩せる理由を細かく見ていきましょう。

<摂取カロリーの削減>

こんにゃくは、100gあたり約7キロカロリーと非常に低カロリーです。例え1kgのこんにゃくを食べたとしても約70キロカロリーしかありません。

カロリーを気にせずお腹いっぱい食べられるのに、カロリーが低いので痩せていきます。

<驚きの膨張力>

こんにゃくに含まれる「グルコマンナン」という成分は、お腹の中の水分を吸収するとビックリするぐらい膨張します。その為、満腹感が持続しやすく、ダイエットの大敵である間食を防ぐ事が出来ます。

また、こんにゃくは大腸まで消化吸収されずに、便量を増やし便通を促してくれます。

<コレステロール排出機能>

こんにゃくに含まれる「グルコマンナン」には、膨張力だけじゃなく体内のコレステロールや脂肪を吸収し、体外に排出してくれる効果があります。

コレステロールは血中に含まれる脂肪です。これを上手に排出することで、自然と痩せやすい体質に改善されていきます。

<カルシウム>

こんにゃくには「カルシウム」が100g中68mgも含まれています。牛乳に含まれるカルシウムは100g中110mgですが、牛乳にも引けを取らないカルシウムの含有量です。さらにこんにゃくに含まれる「カルシウム」は消化吸収に優れています。

カルシウムが不足すると、脂肪を溜めやすい体になってしまいます。ダイエット中には積極的に摂取していきたい栄養素の一つです。それがこんにゃくには豊富に含まれています。

<低糖質・低脂質>

こんにゃくには糖質がほとんど含まれていません。糖質制限中の方も安心して食べる事が出来ます。

さらに脂質は100gあたり約0.1gと非常に少ないです。いくら食べても太りようがありません。

こんにゃくダイエットの体験談

<体験談:成功>

普段の食事にプラスする事で摂取カロリーを抑えてくれるこんにゃくダイエットは、ダイエットの意識もさほどなく、比較的簡単に痩せる事が出来るようです。

こんにゃくに含まれるグルコマンナンが水分を吸着し、お腹の中で膨らむ為ダイエット中の空腹が少ないのも成功のポイントです。

<体験談:失敗>

https://twitter.com/pippi_0o/status/935768707082735617

 

こんにゃくダイエットが失敗する理由は、「美味しくない」「飽きる」に尽きるのではないでしょうか。こんにゃく自体には味が無く、そのままでは独特の臭みもある為、こんにゃくを楽しむ調理法か、しっかりと味を付ける調理法で料理しなきゃすぐに食べ飽きてしまう事が難点のようです。

 

 

こんにゃくダイエットの注意点

食べ過ぎに注意

こんにゃくは、体内の水分を吸収し膨張します。こんにゃくを食べる際に水分をしっかり取らないと、消化吸収されずに硬いまま大腸へ送られ腸を詰まらせてしまう(腸閉塞の)可能性もあります。

こんにゃくを食べる際には、しっかりと水分を一緒に摂取し、細かく噛んで胃へ送る事が大切です。

また、こんにゃくに含まれる「グルコマンナン」は1日の摂取上限が4~5gと決められています。4~5gの「グルコマンナン」は、板こんにゃくでは200g~300g程です。

まとめ

こんにゃくを食事に取り入れるだけの簡単ダイエット。超低カロリーなこんにゃくを食べる事によって摂取カロリーを急激に減らす事が出来、体重が減っていきます。しまも的にはおススメ度4!

おススメ度:★★★★☆
危険度  :★★★☆☆
手軽度  :★★★☆☆
体重減  :★★★☆☆
体型の変化:★★★☆☆

<メリット>

空腹を感じにくい。こんにゃくに含まれる「グルコマンナン」のおかげで、空腹感を感じにくいダイエット方法です。

辛い制限がない。こんにゃくダイエットは、こんにゃくで胃に入るものをかさましし、総摂取カロリーを減らすダイエット法です。こんにゃくを食べた分、他の食材の量さえ減らせば何を食べても大丈夫です。

<デメリット>

食べ過ぎると「腸閉塞」の危険。こんにゃくを食べる時に水分が足りないとお腹の中で硬くなり、腸を詰まらせてしまう危険性があります。こんにゃくを食べる時は同量の水分を摂取するようにしましょう。

調理が面倒。料理好きならメリットになりますが、こんにゃくはそのままでは癖のある食材です。調理する事が必須になりますので、料理が苦手な人には難しいダイエット方法かもしれません。

 

-プラス, ~1000円
-

Copyright© やせろぐ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.